診療技術部 ご挨拶 診療放射線科 臨床検査科 臨床工学科 リハビリテーション科 栄養科 薬剤科

栄養科

栄養科のご案内

診療技術部
栄養科 科長
原田 康子

「医療を通して、同じ時代に生きる人々のお役に立つ」という経営理念の基に、常に患者さんの立場で考え、おいしくて、心も体も元気になれる食事を提供できるように日々努力しております。栄養科は診療技術部門に属し、管理栄養士6名、調理業務委託職員11名で運営しております。

食事は、疾病予防や再発防止に重要な位置をしめていますが、日常、見落とされやすいので、チーム医療の一員として患者さんの支援に努めております。

栄養科 理念

食を通じて、患者さん・家族の健康と幸福に貢献する。

資格・認定技師/所属学会

資格・認定

摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
静脈経腸栄養管理栄養士(TNT-D)

  • 田中 恭子

介護支援専門員

  • 原田 康子

病態栄養専門管理栄養士

  • 上田 薫
認定学会
  • 日本栄養士会
  • 日本栄養改善学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
  • 日本在宅栄養管理学会

業務紹介

入院食

患者さんの病状に合わせた食事を、主治医の指示の下に提供していますが、入院後に管理栄養士が、今までの食事内容と嗜好品の確認を行うと共に、食欲不振の方には個別に対応しております。また季節に合わせた献立や行事食も提供しています。

栄養管理

栄養管理とは年齢・性別・病状を考慮し、必要な栄養量を提供することですが、適切に行われることにより、病気を予防し治癒をより早めます。医師、看護師、薬剤師、理学療法士など多職種による回診やカンファレンスに参加し、栄養状態が悪い患者さんに対して静脈栄養や経腸栄養の検討、また経口摂取をすすめるために食事量の調整や栄養剤の付加について検討しています。

栄養相談

入院

食事療法が必要な方に対しては個別にベッドサイドで行っており、患者さんの病態に合わせた内容で指導しています。さらに退院前には、ご家族も含めて栄養相談を行っています。

外来

食事療法が必要な方は栄養相談室で個別に行っており、 患者さんの病態に合わせた内容で、ご家族を含めて指導しています。その他、予防医学センター(人間ドック)、特定健診・特定保健指導の中でも栄養相談を実施しています。

相談時間
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時
土曜日 午前9時~午後12時

(初回40分、2 回目以降20分程度)

健康料理教室

毎週水曜日は、患者さん自身が実際に食べて自分が必要とするカロリーを把握できるバイキング形式による教室を、また金曜日には管理栄養士の指導のもとに調理を行い、試食する調理実習形式による教室を行っています。入院や外来の患者さんおよび家族を対象として、自宅でも容易に食事療法ができるような指導をしております。

○ バイキング形式の教室

患者さんが摂取してもよいカロリーを考えながら主食、副食を用意された料理の中から選び、その後、管理栄養士が適正に選択しているか確認した後で食べて頂きます。

※コロナ感染予防のため、バイキング教室はしばらくお休みします。

 

○ 健康料理教室での講義

患者さんが自宅でも容易に食事療法ができるように、管理栄養士がレシピの説明や調味料の使い方を説明します。
健康料理教室 今月の予定表

免疫力を上げるレシピ

免疫力を高める“さば缶&厚揚げドライカレー”

さば缶&厚揚げドライカレー

★ 1人分:260kcal、塩分1.4g
ごはんのカロリーは含まれません。

さば缶&厚揚げドライカレー

青魚と大豆製品が同時にとれ、免疫力アップのほか動脈硬化予防にもおすすめのレシピです。
サバは缶詰を使用しているので調理も簡単です。

材料

材料 4人分
さば水煮缶 2缶 180g
厚揚げ 1枚 250g
玉葱 160g
人参 100g
ごぼう 100g
にんにくチューブ 5cm
おろし生姜チューブ 5cm
オリーブオイル 小さじ2
カレー粉 小さじ3 ※コリアンダー、クミン、ターメリックが無い場合、カレー粉のみでもOKです。 その場合、カレー粉を小さじ4杯に増やす。
コリアンダー 小さじ 1/2
クミン 小さじ 1/2
ターメリック 小さじ 1/2
コンソメ 小さじ山盛り 1杯(4g)
ケチャップ 小さじ 1杯
ソース 小さじ 2杯
少量
むき枝豆 10さや分

準備時間:15分 調理時間:15分

作り方

  1. ★のスパイスと調味料を合わせ、少量の水で溶いておく。 サバ水煮缶は身だけ取り出す。汁は大さじ1のみ使用。
  2. ごぼうは皮をむきささがき、または粗みじん切り。 人参は薄いいちょう切り。 玉葱は横半分に切り、くし形切り。 厚揚げはサイコロ切り。
  3. ごぼう、人参が少し柔らかくなったら、さば缶、厚揚げを崩すように入れ、★の調味料とさば缶の汁大さ1を入れてパラパラになるよう炒める。
  4. 器に盛り、むき枝豆をちらして完成。

【ターメリックライス】         2合の米に水の量は通常通り入れ、ターメリック小さじ半分(分量外)を入れて炊くと色がきれいです。ターメリックがなければカレー粉でもOKです。

※ご飯 130g=218Kcal
※ご飯 170g=285Kcal

料理のポイント

☆さば水煮缶☆
免疫細胞の材料となる良質なたんぱく質で、血液をサラサラにしコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。骨ごと食べられるのでカルシウムもたっぷりです。
☆厚揚げ☆
免疫細胞の材料となる大豆から作られる植物性たんぱく質です。カルシウム、鉄分、亜鉛、マグネシウム、カリウム、リンなどのミネラルがバランスよく豊富に含まれています。
☆糖質オフ☆
さば水煮缶も厚揚げも糖質が低い食材なので、このドライカレーのみだと1人分の糖質は9.8g。糖質が気になる方にもおすすめです。
ごぼうの代わりに生しいたけでもおいしいです。
コリアンダー・クミンは香りづけ、ターメリックは色づけのために使用していますが、なければカレー粉だけでもOKです。
レシピをダウンロードする

レシピ考案:北海道循環器病院 栄養科
管理栄養士 原田 康子

こちらのレシピもご覧ください
カテゴリー: