診療技術部 ご挨拶 診療放射線科 臨床検査科 臨床工学科 リハビリテーション科 栄養科 薬剤科

栄養科

栄養科のご案内

診療技術部
栄養科 科長
原田 康子

「医療を通して、同じ時代に生きる人々のお役に立つ」という経営理念の基に、常に患者さんの立場で考え、おいしくて、心も体も元気になれる食事を提供できるように日々努力しております。栄養科は診療技術部門に属し、管理栄養士6名、調理業務委託職員11名で運営しております。

食事は、疾病予防や再発防止に重要な位置をしめていますが、日常、見落とされやすいので、チーム医療の一員として患者さんの支援に努めております。

栄養科 理念

食を通じて、患者さん・家族の健康と幸福に貢献する。

資格・認定技師/所属学会

資格・認定

摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

  • 田中 恭子

介護支援専門員

  • 原田 康子
認定学会
  • 日本栄養士会: 6名
  • 日本栄養改善学会: 5名
  • 日本病態栄養学会: 4名
  • 日本栄養臨床代謝学会: 1名
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会: 2名
  • 日本在宅栄養管理学会:  2名
  • 日本心臓リハビリテーション学会:  1名

業務紹介

入院食

患者さんの病状に合わせた食事を、主治医の指示の下に提供していますが、入院後に管理栄養士が、今までの食事内容と嗜好品の確認を行うと共に、食欲不振の方には個別に対応しております。また季節に合わせた献立や行事食も提供しています。

栄養管理

栄養管理とは年齢・性別・病状を考慮し、必要な栄養量を提供することですが、適切に行われることにより、病気を予防し治癒をより早めます。医師、看護師、薬剤師、理学療法士など多職種による回診やカンファレンスに参加し、栄養状態が悪い患者さんに対して静脈栄養や経腸栄養の検討、また経口摂取をすすめるために食事量の調整や栄養剤の付加について検討しています。

栄養相談

入院

食事療法が必要な方に対しては個別にベッドサイドで行っており、患者さんの病態に合わせた内容で指導しています。さらに退院前には、ご家族も含めて栄養相談を行っています。

外来

食事療法が必要な方は栄養相談室で個別に行っており、 患者さんの病態に合わせた内容で、ご家族を含めて指導しています。その他、予防医学センター(人間ドック)、特定健診・特定保健指導の中でも栄養相談を実施しています。

相談時間
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時
土曜日 午前9時~午後12時

(初回40分、2 回目以降20分程度)

健康料理教室

毎週水曜日は、患者さん自身が実際に食べて自分が必要とするカロリーを把握できるバイキング形式による教室を、また金曜日には管理栄養士の指導のもとに調理を行い、試食する調理実習形式による教室を行っています。入院や外来の患者さんおよび家族を対象として、自宅でも容易に食事療法ができるような指導をしております。

○ バイキング形式の教室

患者さんが摂取してもよいカロリーを考えながら主食、副食を用意された料理の中から選び、その後、管理栄養士が適正に選択しているか確認した後で食べて頂きます。

 

○ 健康料理教室での講義

患者さんが自宅でも容易に食事療法ができるように、管理栄養士がレシピの説明や調味料の使い方を説明します。

免疫力を上げるレシピ

免疫力を高める“しりしりチャンプルー”

しりしりチャンプルー

★ 1人分267Kcal、塩分1.5g ★

免疫力を上げる料理第7弾です。

沖縄料理の“人参しりしり”(千切り人参の卵炒め)と、“チャンプルー”(ゴーヤ、豆腐、豚肉などの炒めもの)からヒントを得たレシピです。

今回は中華風の味付けです。

一皿で緑黄色野菜80gと免疫細胞の材料になるたんぱく質をしっかりととれ、メインのおかずになるレシピです。人参は千切りにすることでいっぱい食べられます。

ぜひおためしください!!

材料

1人分 2人分
1個 2個
塩こしょう 0.1g 0.2g
オリーブオイル 小さじ 1 小さじ 2
木綿豆腐(水切りする) 80g 160g
人参 40g 80g
ツナ缶(油漬け) 15g 30g
小松菜 40g 80g
鶏ガラスープ顆粒 小さじ 1/4 小さじ 1/2
中華だし顆粒 小さじ 1/4 小さじ 1/2
オイスターソース 小さじ 1/2 小さじ 1
こしょう 少々 少々
ごま油 小さじ 1/2 小さじ 1

準備時間 15分 調理時間 10分

作り方

  1. 豆腐はパックの2辺に切れ目を入れ、ひっくり返して15分ほど水を切る。
  2. 人参は皮をむき5㎝の長さに切り、千切りスライサーで千切りにする。
  3. 小松菜は1㎝幅に切る。
  4. 卵を溶いて塩こしょうを混ぜておく。
  5. フライパンにオリーブオイルを引き、中火で溶き卵を炒め大きめの炒り卵にする。いったん皿に取り出す。
  6. フライパンにオリーブオイルを引き、人参、小松菜、ツナ缶を炒める。
  7. こしょう、鶏ガラスープ素、中華だし顆粒、オイスターソース、ごま油で味付け。
  8. 最後に炒り卵を加え、さっくりと混ぜてできあがり。

※混ぜてお召し上がりください。

※ 豆腐は厚揚げで代用すると、水切りなしで使用できます。 ※ 小松菜の代わりに“にら”でもおいしいです!! ※ ツナ缶はまぐろ水煮缶でもOK!

この料理のポイント

★免疫力を高める食材がいっぱい!!

  • ・・・免疫細胞を作るのにアミノ酸は不可欠。卵には体内で作ることのできない必須アミノ酸がバランスよく含まれる。抗酸化作用のあるビタミンEも含まれる。
  • 豆腐、ツナ・・・・たんぱく質は免疫細胞や皮膚、粘膜の材料となる。
  • 小松菜・・ビタミンA・C・E、カルシウム、鉄分が豊富で抗酸化作用があり、免疫細胞を活性化させる。
  • 人参・・カロテンが豊富で抗酸化作用があり、粘膜を健康に保つ。
レシピをダウンロードする

レシピ考案:北海道循環器病院 栄養科
管理栄養士  原田 康子

こちらのレシピもご覧ください

カテゴリー: