臨床検査科

臨床検査科のご案内

診療技術部 部長 兼
臨床検査科 技師長 兼
ホルター解析センター長
柴田 正慶

臨床検査科では、心電図(安静および負荷心電図、長時間心電図)、肺機能検査、超音波検査など多種多様な検査を行っています。

検査機器は日々進歩しておりますが、我々技師はこれらの機器を正しく操作し、その能力を最大限に発揮できるよう自己研鑽に努め業務にあたっています。特に循環器専門病院として心電図検査および超音波検査全般に力をいれており、日本超音波学会をはじめ他の学術団体が認定する資格を積極的に取得するようにしています。

臨床検査科 理念

  1. 思いやりの心
    患者さん、職員、その他当院を訪れる方々へ思いやりの心を持って接します。
  2. 向上心
    常に知識、技術の向上に努め、毎日の診療に活かします。

資格・認定技師

日本心エコー図学会認定専門技師

  • 窪田 由季(2019 年4 月)

超音波検査士(循環器領域):日本超音波医学会認定

  • 出田 朗子(1998 年4 月)
  • 窪田 由季(2011 年3 月)
  • 前田 知子(2012 年3 月)
  • 粒来 千春(2012 年3 月)
  • 大野 誠子(2016 年3 月)
  • 原口 悠 (2017 年3 月)
  • 田原 静香(2019 年3 月)

超音波検査士(消化器領域):日本超音波医学会認定

  • 大野 誠子(2003 年3 月)
  • 窪田 由季(2010 年3 月)

超音波検査士(血管領域):日本超音波医学会認定

  • 窪田 由季(2012 年3 月)
  • 前田 知子(2013 年3 月)
  • 粒来 千春(2013 年3 月)
  • 大野 誠子(2017 年3 月)

日本周術期経食道心エコー認定資格:日本心臓血管麻酔学会認定

  • 窪田 由季(2015 年12 月)

血管診療技師:日本血管外科学会、日本脈管学会、日本静脈学会(3 学会)認定

  • 出田 朗子(2009 年8 月)
  • 窪田 由季(2010 年8 月)
  • 粒来 千春(2012 年1 月)
  • 前田 知子(2013 年8 月)
  • 田原 静香(2015 年12 月)
  • 野川 麻美(2018 年11 月)

不整脈関連専門臨床工学技士:日本臨床工学技士会認定

  • 柴田 正慶(2009 年10 月)

認定心電検査技師:日本不整脈心電学会認定

  • 春木 康伸(2012 年10 月)
  • 高橋 温海(2017 年1 月)
  • 川嶋 春花(2019 年1 月)
  • 小林 美穂(2019 年1 月)

脳神経超音波検査士:日本脳神経超音波学会認定

  • 出田 朗子(2011 年9 月)

心電図検定:日本不整脈心電学会認定
1級

  • 柴田 正慶(2016 年10 月)
  • 春木 康伸(2016 年10 月)

2級

  • 小林 美穂(2018 年10 月)
  • 川嶋 春花(2018 年10 月)

検査室紹介

心電図検査室

安静心電図

心電図は、心臓から発生する微小な電気を描出し、不整脈、心筋虚血、心肥大、電解質異常などを診断することができます。

◇ 検査方法 ◇
ベッドに仰臥位になった患者さんの手首・足首・胸に電極を装着します。ストッキングは足首まで下げ、上着は胸の上まで上げて頂きます。検査時間は約3 ~ 5 分です。
トレッドミル運動負荷心電図

運動により心臓に負荷をかけ、心筋の酸素需要を増加させて潜在する狭心症を検出するための検査で、心電図や血圧の変化を調べます。運動時に症状がでる労作性狭心症の診断に有用な検査です。

◇ 検査方法 ◇
胸に電極を付けベルトコンベアの上を歩いて頂きますが、ベルトコンベアの速度と傾斜を変えることにより、負荷量を調節します。安静時・運動中・運動後の心電図と血圧を記録します。検査時間は約20 分、そのうち運動時間は約10 分です。

 

※狭心症では心電図波形ではST と呼ばれる部位が変化します。

長時間(24 時間)心電図、ホルター心電図

長時間心電図は小型軽量の装置を体につけて長時間(約24 時間)の心電図を記録し、不整脈や狭心症の有無を調べます。当院では診断に基づき適切な治療を行っていますが、冠動脈が狭窄したり、閉塞している場合はバルーンカテーテルやステントによる治療、冠動脈バイパス術を、また不整脈の場合にはペースメーカ治療や、カテーテル・アブレーション治療を実施しています。
なお、当院のホルター心電図解析センターは、道内の医療機関から解析依頼を受けております。

◇ 検査方法 ◇

胸部に装着された電極

ホルター心電計は皮膚に電極を貼りますが、かぶれを予防するため皮膚にスプレーをかけた後に装着をします。装着後に、行動記録カード(検査中の行動や症状を記入する用紙)と検査中の注意事項について説明を行いますが、装着も含めて約10 分で終了します。

◇ ホルター心電計の返却方法 ◇
①ホルター心電計をご自身ではずして頂き、宅配便で当院宛てに送って頂く。電極をはずす方法は当院で説明します。
②当院に来院して頂く。
※宅配便を使用する際の費用は当院で負担します。
※ 写真要チェック

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に呼吸が止まり、血液中の酸素濃度が低下する病気の事です。無呼吸には大きく分けて肥満の方に多い閉塞性無呼吸と中枢性無呼吸がありますが、高血圧や不整脈を引き起こす確率が高くなります。また、呼吸が止まるため眠りが浅くなり、日中に居眠りをしたり、交通事故を引き起こす確率が高くなるため、早期に発見し治療することが必要です。検査により無呼吸の種類と回数、血液中の酸素濃度の低下や不整脈の種類と頻度がわかります。

SASの機械と装着後の画像

センサーの種類

鼻・口フローセンサー:鼻・口の気流測定による無呼吸の判定
SpO2 センサー:血液中の酸素濃度の測定
呼吸運動(胸部・腹部)センサー:無呼吸の種類の判定
体位センサー:仰向けや横向きなどの体位の判定
 

◇ 検査方法 ◇
当院では、呼吸運動と体位センサーに加えてホルター心電図の装着も同時に行います。ホルター心電図は当院で装着し、鼻・口フローセンサーは就寝前にご自身で装着して頂きます。検査時間は、ホルター心電図の装着時間が約10 分、センサーの装着方法の説明が約15 分で合計約25 分です。

多目的検査室

眼底検査

眼底写真により白内障、眼底出血、高血圧・糖尿病による血管病変や網膜の異常がわかります。また、眼圧の測定により緑内障を診断することができます。

◇ 検査方法 ◇
検査方法は椅子に座り、装置に顎をのせて、レンズの中に見える光を両目で見て頂き眼底写真を撮影します。フラッシュを使用しますので、少し目がチカチカしますが、すぐに治ります。検査時間は約3 分です。
肺機能検査

肺機能検査は肺の容積や、空気を出し入れする換気機能を調べる検査ですが、これにより間質性肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患などを診断することができます。

慢性閉塞性肺疾患には禁煙が有効
喫煙は気流制限を引き起こして肺機能の低下を促進させる主要な危険因子ですので、禁煙により肺機能の低下を防止する事が出来ます(図)。

Fletcher C , Peto R ;The natural history of chronic airflow obstruction ,BMJ 1 , P1645-1648 , 1977より引用一部改変

肺機能検査

「いまさら禁煙しても遅い」と思う人が多いようですが、図からわかるように、高齢になってからでも、禁煙により肺機能の低下を遅らせることができます。当院では禁煙外来を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

 
 

◇ 検査方法 ◇
椅子に座わり、鼻栓をして、筒をくわえて検査を行います。
検査技師の指示に従って、口で呼吸をして頂きます。
検査時間は約5 分です。

肺年齢
実際の計測値により計算し健常な同性、同年代の人と比較した肺年齢と実年齢の乖離から、肺の健康状態を把握してもらうために提唱されたものです。自分で肺年齢を把握する事で、肺の健康維持、病気の予防、早期発見につながります。

血圧脈波検査

四肢の血圧を測定し、心臓足首血管指数(CAVI)と足関節上肢血圧比(ABI)という2 つの指標から、動脈の硬さや狭窄の程度を調べる検査です。動脈硬化は、自覚症状のないまま進行し、心疾患や脳血管疾患などの原因となるため、早期発見が重要です。

CAVI: 血圧に依存しない血管固有の硬さを簡便に測定できる動脈硬化(動脈の硬さ)の程度を表す指数です。同年齢の平均値と比べることで、おおよその血管年齢がわかります。
ABI:足の動脈の狭窄や閉塞の程度を表す指標です。

レポート

腹部血管エコー室

超音波で肝臓、胆嚢、胆管、腎臓、膵臓、脾臓、腹部大動脈などを観察します。放射線を使用しないので、被ばくの心配がなく安心して何度でも受けられます。

実際の画像

◇ 検査方法 ◇
検査は、当日の朝食を抜いて行います。検査中は、お腹を膨らませたり、へこませたり、検査部位によっては横向きや座った姿勢で行います。検査時間は部位によって異なりますが約10 ~ 20 分です。

検査で解る事
肝臓癌、肝血管腫、肝硬変、肝嚢胞、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢癌、膵臓炎、腎結石、腎嚢胞、腎血管筋脂肪腫、腎臓癌、腹部大動脈瘤など

血管超音波検査

血管超音波検査
◇ 頸動脈超音波検査
頸動脈の肥厚、血栓(プラーク)および内腔の狭窄の有無を調べ、動脈硬化の程度を評価します。
検査時間は約15 分です。
◇ 下肢静脈超音波検査
主に深部静脈血栓症の有無や、静脈瘤の程度を調べる検査ですが、当院では静脈瘤に対するレーザー治療を行っていますので、超音波検査で治療部位を決めたり術後の経過観察も行っています。レーザー治療後の部位には血流シグナルが無い事が確認できます(図の赤矢印)。
検査時間は約20 ~ 30 分です。
◇ 腎動脈超音波検査
腎動脈の血流速度から、腎動脈狭窄の有無を調べる検査です。腎動脈狭窄は頸動脈狭窄や心血管疾患に合併する事が多いと言われています。
検査時間は約15 分です。
皮膚潅流圧の検査

皮膚潅流圧検査装置

皮膚レベルの微小循環を調べる検査です。下肢虚血の重症度評価や難治性潰瘍の治癒予測、四肢切断部位の決定、カテーテル治療やバイパス手術など血行再建術後の評価に有用です。

 

 

◇ 検査方法 ◇
測定部位にセンサーのついたカフを巻き、カフに空気を入れて加圧し、一旦血流を止め、徐々に空気を抜いて減圧し血流が再び潅流する時の圧を測定します。血圧測定よりもカフの圧迫は弱いので一般的に痛みのない検査ですが、虚血が高度の場合には痛む場合があります。検査時間は一測定部位につき約5 分です。

皮膚潅流圧検査

心臓超音波検査

心臓超音波検査

心臓超音波検査(心エコー)は、心臓の形状と機能を調べる事ができますが、当院の心臓超音波画像診断装置はGE 社製のVivid E9 を3 台、最新装置であるVivid E95 を1 台、さらにポータブル用としてVivid S70 を導入して、計5 台にて検査をしています。また、より詳細な解析が可能となるEcho PAC を3 台導入しています。
Vivid E9、Vivid E95 は3D 対応超音波画像診断装置であり、3D エコーは従来の2D エコーに比べ、心臓の形状と動態、血管の構造などを実体に近い画像として見る事ができます。

◇ 検査方法 ◇
探触子(プローブ)と呼ばれる超音波の発信機を胸に当て、画面に映し出された心臓の動きを観察します。空気があると超音波が通らないため、プローブと体との間にはゼリーを塗り密着させます。また、肺の中の空気の影響で心臓が見えにくくなることがあり、正確な検査を行うために息をすったり、吐いたり、止めて頂くことがあります。


検査で解る事
弁膜症、心筋症(拡張型、肥大型心筋症など)、心肥大、先天性心疾患(心房、心室中隔欠損症など)、心筋梗塞、心膜炎、心臓腫瘍、心臓内血栓、心不全 など

Vivid E9 により心機能評価を行った1 例

ブルズ・アイは、心臓各部の心筋の収縮の異常を色で表わし、収縮能の低下を評価することができます。
PSS( postsystolic shortening )は局所の心筋の収縮率を表すグラフです。濃い赤色が正常、薄い赤色と青色が心筋の収縮率低下部位となります。
PSI( postsystolic index)とは局所心筋の収縮の遅れを表すグラフです。薄い青色が正常、濃い青色が心筋の収縮が遅れている部位となります。

輸血管理室

輸血とは、病気や出血で血液成分が減少した場合に、不足した成分を補充する治療法です。臨床検査科では輸血前に行う検査や血液製剤の管理を担当しています。輸血検査により不適合輸血や輸血による副作用を防止することができます。

検査項目

  1. 血液型検査(ABO・Rh):患者さんの血液型を判定します。
  2. 不規則抗体検査:不規則抗体とはABO 血液型以外の血液型に対する抗体で、副作用を起こす可能性のある抗体の有無を検査します。
  3. 交差適合試験:患者さんの血液と輸血用血液が適合するかを調べ、輸血による副作用を未然に防止する検査です。