診療放射線科

診療放射線科のご案内

診療技術部
診療放射線科 技師長
工藤 環

診療放射線科は11 名の診療放射線技師と1 名の助手が所属しています。日々進歩する専門知識、技術の修得に努めることを理念とし、画像部門の専門家として最適な画像を作成して医師に提供しています。

当院においては最上位機器での検査・治療を行うべく機種の選定・更新をしています。CT装置はGE社製最上位機種の「Revolution」を、血管造影装置はPhilips社製「Allura Xper FD20」に加えてGE社製の「Innova IGS520」が導入されています。一般撮影(レントゲン撮影)においてはコニカミノルタ社製の「AeroDRシステム」が導入され、患者さんの検査時間の短縮、被ばく低減を目指し、常に最適な医療を提供できるように心がけています。

医療が高度化するにつれて、必要とされる技術もより高度なものが要求されます。当院の技師は日本放射線技術学会をはじめ、日本心血管インターベンション治療学会日本核医学会に所属し十分な知識や技術を身につけ、高度な医療を患者さんに提供できるよう日々研鑽を積んでいますが、中には、北海道大学大学院医学研究科へ社会人大学院生として修士課程、博士課程へと進学し、自身のキャリアアップを行う技師もいます。

診療放射線部門 理念

  1. 医師との連携を図り、治療に直結した画像提供に努めます。
  2. 放射線被ばく低減に取り組みます。
  3. 医療用画像診断装置の確実な品質管理を実施します。

資格・認定技師

日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師(日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構)

  • 北 裕一(2013 年9 月)
  • 三浦 悟(2017 年9 月)

核医学専門技師(日本核医学専門技師認定機構)

  • 前田 佑介(2015 年9 月)

X線CT認定技師 (日本X線CT専門技師認定機構)

  • 菅原 宏昌(2018 年2 月)
  • 北  祐一(2018 年2 月)
  • 長瀬 篤司(2016 年3 月)
  • 岡田 勇太(2018 年2 月)
  • 木村 翔 (2019 年2 月)

肺がんCT検診認定技師(肺がんCT検診認定機構)

  • 長瀬 篤司(2018 年3 月)
  • 寺田 陸夢(2018 年3 月)

医療情報技師 (医療情報学会認定)

  • 前田 佑介(2011 年10 月)

ACLSヘルスケアプロバイダー (日本ACLS協会)

  • 斉藤 利典(2016 年10 月)
検査室紹介

一般撮影室

主に胸部と腹部のレントゲン撮影を行っています。コニカミノルタ社製の「AeroDRシステム」を取り入れ、フィルムレスで運用しています。それによりノートパソコンまたはタブレット端末でX 線写真を見ることが可能となり、救急分野の画像を即時に提供するシステムが確立されました。

CT 撮影室・画像処理室

CT 撮影室 「Revolution CT」(GE 社製)

画像を得るための回転速度を高速化したことで、一回転あたり0.28 秒、16cm 幅の撮影が可能となりました。これにより一回転で心臓を撮影することが可能となり、より高画質、かつ低被ばくの検査が可能となったCT 装置です。
更に、より詳細な病変観察が可能となる2.5倍密度の「高分解モード」や、心血管の動きの影響を軽減する「動態ベクトル解析機能」も備え、診断・治療支援に貢献します。

画像処理室

CT の単純画像だけではなく造影剤を使用した冠動脈や大血管の画像により適確な診断が可能となり、患者さんへの説明にも利用されて病気に対する理解を深めていただくことにも役立っております。

心血管造影検査室

心血管造影検査室 「Allura Xper FD20」(Philips 社製)、
「 Innova IGS520」(GE 社製 )

当院の心血管造影検査は2 台の装置で行っていますが、医師に多くの職種が協力し患者さんの不安を軽減したり、造影剤の使用量やX 線被曝量を減量するなどの努力をしています。また、56 インチの大画面モニタを用いることにより、一度に様々な情報を得ることができます。

核医学検査室

核医学検査室 「Infinia」(GE 社製)

心臓核医学検査は主に冠動脈疾患の治療の適応や術後の治療効果の判定に用いられます。また、肺血流シンチや脳血流シンチはそれぞれ肺梗塞、認知症の判断と予後の判定に役立っております。

テクネシウム製剤を用いた負荷心筋血流SPECT の検査件数は道内屈指で、その豊富な症例数に基づいて日本核医学会、日本核医学技術学会に毎年演題を提出しています。

骨密度測定室

骨密度測定室 「Prodigy」(GE 社製)

骨密度測定は、骨粗鬆症の早期発見と経過観察に欠かせない検査ですが、2013 年3 月に従来の装置がGE 社製の「Prodigy」へ更新されたことにより、検査時間が大幅に短縮され、腰椎と両側大腿骨頚部の骨密度を同時に測定することが可能となりました。

X 線TV 室

X 線TV 室

当院は循環器専門病院である一方、予防医学センターでは上部消化管造影検査も行っており、食道や胃に対してバリウムを用いた検査により、病気の早期発見が可能となっております。