新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来について

図:造影 CT で検出された新型コロナウイルスによる心筋障害の例(矢印)
(Aikawa T, et al. Eur Hear J 2021. [Epub Ahead of Print] 、 Oxford University Press Japan より許諾を得て転載)

2019年末から世界中に拡大した新型コロナウイルス感染症に関して、感染が軽快した後の後遺症(いわゆる Long COVID )に悩む方々が増加しています。その中には、ウイルス感染による心筋障害や心膜炎などの心臓後遺症を起こしていたり、また感染する前には無症状であった狭心症や弁膜症が自覚症状の原因になることもあります。

新型コロナウイルス感染後に心臓後遺症が生じると、将来的に心不全(心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気のこと)を起こす可能性が通常より高まると考えられるために、注意が必要です。

当院では新たに新型コロナウイルス心臓後遺症外来(コロナ心臓後遺症外来)を開設しました。新型コロナウイルス感染が軽快した後も動悸や息切れ、胸痛(胸が重苦しい、痛い、圧迫感がある)などの症状が続いている方を対象に、心エコー検査や造影 CT 検査などを活用して、ウイルス感染後の心臓後遺症や狭心症・弁膜症などの有無について積極的にスクリーニングを行い、症状の原因を詳しく調べます。

治療可能な病気に関しては外来・入院で治療を行います。ウイルス感染による心筋障害(心臓後遺症)に関しては、将来的に心不全を起こす前に早期発見できるよう、病状に応じた経過観察を行います。

対象患者

  • 新型コロナウイルス陽性判定後の治療・療養期間を終了している方
  • 感染が軽快した後も、動悸や息切れ、胸痛(胸が重苦しい、痛い、圧迫感がある)などの胸部症状が続いている方
  • 過去 10 日以内に 37.5 度以上の発熱や風邪症状(せき、たん、鼻水、のどの痛み、頭痛、寒気など)がない方
  • 新型コロナウイルス感染症の診断を目的としたPCR検査は行っておりません
  • ワクチン接種後の副反応による症状は当専門外来の対象とはしておりません
    受診を希望される場合はこちらをご確認ください

診察までの流れ

  1. 予約
    医療相談室にて、専門外来の予約を受け付けております。
    予約専用フォームでお申込み クリックすると予約専用フォームへ移動します
    電話でご予約 tel:011 563 3911携帯電話の方はそのままクリックしてください
  2. 検査・診察
    予約日時に来院頂き検査、診察を受けます。

担当医師

循環器内科
医師 相川 忠夫

医師プロフィール へ

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医・病歴要約評価委員
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)認定医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 日本核医学会核医学専門医
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター放射線科・客員研究員
カテゴリー: