新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来について

当院では全国に先駆けて2021年6月に新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来を開設しました。

新型コロナウイルスに感染し、快復した後も動悸や息切れ、胸痛(胸が重苦しい、痛い、圧迫感がある)などの症状が続いている方を対象に、心エコー検査や造影 CT 検査などを活用して、ウイルス感染後の心臓後遺症や狭心症・弁膜症などの有無についてスクリーニングを行い症状の原因を詳しく調べてきました。

これまでに札幌市内をはじめ、北海道内各地や他県の方にもご来院いただき、100名以上の方の診察を行いました。遠方の方には、本来であれば数回受診して検査や診察をするところを可能な限り負担軽減になるように来院回数、入院日数を調整しました。

受診者の平均年齢は約41才で年代別でみると30代が多い結果となりました。

受診者全体を見ますと会社で働いている方が約9割を占めており、なかには休職中で労災申請や傷病手当の申請ができずに悩まれている方もおりました。

当院では保険会社や会社へ提出をするために診断書をご希望の方には、検査結果等を踏まえて医師の判断で作成しております。

また、受診していただいた中で約3割の方に心膜炎や狭心症などがみつかりました。心臓にかかわる病気だけでなく、検査を行っていくなかで甲状腺などの病気をみつけることも多く、その場合は適切な医療機関を紹介しております。

診察をご希望の方は以下の新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来ページの予約専用フォームもしくはお電話にて医療相談室宛までお申し込みください。

新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来』の受診申込はこちら! 

※電話受付時間:平日 9時~17時、土曜日 9時~12時 011-563-3911(代表)
※完全予約制となっております。予約外の診察は行っておりません。


<2021年1月の予約状況(12/29現在)>

・1/4(火)   〇

・1/11(火) △

・1/18(火) 〇

・1/24(月) △

・1/25(火) △

※上記以外をご希望の方は可能な限り調整致しますのでその旨、ご連絡ください。


<新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来のページはこちら>

新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来のページはこちら

 

<メディア・文献掲載情報>
2021年2月10日 相川忠夫医師の症例報告が欧州心臓病学会誌に掲載されました
2021年3月  9日 相川忠夫医師の症例報告が米国心臓核医学会誌に掲載されました。
2021年3月26日 北海道医療新聞「COVID-19罹患後の遅発性心内膜炎を検証」
2021年6月29日 NHKほっとニュース北海道「新型コロナ心臓後遺症外来 札幌の北海道循環器病院が開設」
2021年7月23日 北海道医療新聞「コロナ後遺症専門外来を開設」
2021年8月  6日 相川忠夫医師の症例報告が欧州心臓病学会誌に掲載されました。
2021年8月23日 北海道医療新聞 月刊ケア9月号に新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来が掲載されました。
2021年8月30日 産経ニュース(WEB)「新型コロナ感染後遺症 心筋の微小血管に血栓 北海道循環器病院が専門外来」
2021年9月24日 北海道新聞(朝刊)にて、当院の新型コロナウイルス心臓後遺症専門外来が掲載されました。
2021年10月6日 どさんこワイド179(STV)「治ってもなお残る苦しみ コロナ後遺症に特化 札幌の病院に専門外来」
2021年10月12日 イチオシ!!(HTB)「新型コロナの恐ろしさはつづく 治ったあとも悩まされる後遺症」

相川忠夫医師プロフィール へ 循環器内科 実績のページ へ