教育・研修・勤務条件

教育方針

看護部における教育・研修

教育方針

  • 病院の理念・看護部の理念に基づいて質の高い看護を提供できる看護師を育成する
  • 看護師のキャリア開発に即した継続看護の体制を作る
  • 看護師が主体的に課題を解決できるよう支援する
  • 社会動向、医療環境を踏まえ、立場・役割に応じた研修の機会を提供する

研修目的
看護の質の向上を図る

研修目標
人間性を高め、専門職業人として学習意欲を啓発し、自己の向上を図り、看護に貢献する

教育担当看護師長 金 まゆみ
谷 めいみ

研修計画

新人研修

新人の看護師の皆さんにはプリセプターシップによる研修を行います。プリセプターシップとは、ある期間、新人看護師と指導担当の先輩看護師がペアを組み、日常の看護業務を通じてマンツーマンで指導を行う、新人教育制度です。

既卒・経験者研修

クリニカルラダーにもとづいて研修を行います。クリニカルラダーとは、看護師としての能力、知識等を下記の項目から客観的に5段階に評価し行う教育プログラムです。

1. 看護実践能力 患者の状態に応じた適切な看護サービスを提供するために、豊富な知識と正確な技術を統合し実践する能力
2. コミュニケーション能力 人間関係構築のために、他者と協調し連携を図る能力
3. 教育能力 看護の質を確保するために他者を育成する能力
4. 自己教育・研究能力 看護の質を確保するために自己を育成する能力
患者のニーズや医療内容等の変化に伴い、絶えず変化する看護サービスに対応していくために研究に取り組む能力
5. リーダーシップ・メンバーシップ能力 チームの目標達成のために、自己の役割を自覚し、他者との関係の中で発揮される能力
6. 管理能力 適切な看護サービスを提供するために、看護師に求められる役割や責務を果たす能力


クリニカルラダー レベル別年間研修計画
レベル Ⅰ 5月 新規採用者 フォロー研修1
チームメンバーとしての役割を理解し行動できる
6月 新規採用者 フォロー研修2
安全な日常生活援助ができる
7月 新規採用者 フォロー研修3 互いの思いを共有し、職場環境に適応できる
9月 新規採用者 フォロー研修4 緊急時における役割行動がとれる
3月 新人研修 看護過程を再認識し、科学的根拠に基づいた看護を学ぶ
レベル Ⅱ 7月 メンバーシップ研修 チームメンバーとして役割を理解し行動できる
1月 看護過程 自己の看護を振り返り、思考過程を表現できる
レベル Ⅲ 6月 コーチング研修 コーチングの基礎を知り、効果的な実地指導方法を学ぶ
8月 教育担当者 Ⅰ フォロー研修 プリセプター・アソシエイト看護師としての活動を振り返り、役割を再認識する
10月 リーダーシップ Ⅰ 研修 リーダーシップの基本を理解し、チーム内での役割を認識する
2月 教育担当者 Ⅰ 研修 プリセプターシップを理解し、プリセプター・アソシエイト看護師・フォロー看護師の役割を学ぶ
レベル Ⅳ 7月 リーダーシップ Ⅱ 研修 中堅看護師としての役割を認識し、チームの問題解決に取り組む
9月 看護管理研修 看護管理の基礎を学び、部署における役割行動がとれる
2月 教育担当者 Ⅰ 研修 プリセプターシップを理解し、プリセプター・アソシエイト看護師・フォロー看護師の役割を学ぶ
レベル共通 5月 看護研究基礎研修 看護研究に必要な基礎知識を学ぶ
12月 看護研究発表 看護研究発表会を通して自己の成長を促す

委員会活動

看護部における委員会活動

当院の看護部では「看護の質の向上」「看護業務の改善」「医療安全の強化」「看護師の育成」を目的に各種委員会を設置し活動しています。

1. 看護教育委員会

 1)目的
  当院看護職員の知識の向上を図り、質の高い看護を実践する

 2)活動内容
  (1)看護職の教育に関すること
  (2)院内の学術活動に関すること
  (3)院内感染対策・医療安全対策の看護職員への教育に関すること
  (4)その他看護職員の知識の向上と看護の充実に関すること

 3)構成
  看護師長(主任)会から2名以上
  各部署の代表(各1名)合計5名
  看護部長をオブザーバーとする

 4)開催日
  毎月第1水曜日

2. 看護記録検討委員会

 1)目的
  当院看護記録の改善・向上と、看護の質の向上を図る

 2)活動内容
  (1)看護記録の学習・改善に関すること
  (2)クリティカルパスに関すること
  (3)診療録開示に関すること
  (4)電子カルテ看護支援システム導入・改善における看護記録に関すること
  (5)その他の看護記録の改善・向上と看護の充実に関すること

 3)構成
  看護師長(主任)会から2名以上
  各部署の代表(各1名)合計5名
  看護部長をオブザーバーとする

 4)開催日
  毎月第2金曜日

3. 看護業務改善委員会

 1)目的
  当院における看護の質向上のための業務改善を行う

 2)活動内容
  (1)看護業務の改善に関すこと
  (2)看護基準の見直し・改善に関すること
  (3)患者サービスの向上に関すること
  (4)院内感染対策・医療安全対策のための業務改善に関すること
  (5)電子カルテ看護支援システム導入・運営に関すること
  (6)その他の看護業務の改善と看護の充実に関すること

 3)構成
  看護師長(主任)会から2名以上
  各部署の代表(各1名)合計5名
  看護部長をオブザーバーとする

 4)開催日
  開催日毎月第4水曜日

4. クリニカルラダー推進委員会

 1)目的
  クリニカルラダーの申請や認定に関すること、審議会の開催など庶務全般を行う。

 2)活動内容
  (1)申請日程についてのお知らせなどの広報
  (2)看護部評価者の担当の決定
  (3)審議会の日程調整
  (4)審議会の司会・書記の役割分担
  (5)審議会の議事録のファイリング(保管は看護部長室)
  (6)認定書の作成
  (7)アローチャート入力状況、ファイルの確認
  (8)クリニカルラダー冊子改訂に伴う、問題点を集約
  (9)クリニカルラダー冊子の改訂及び原本の管理
  (10)クリニカルラダーに関するデータの集計
  (11)循環器エキスパートナースの申請・認定・促進等運営に関わること

 3)構成
  看護部長から任命された看護師長

 4)開催日
  随時

5. その他の委員会活動

  院内感染対策委員会  学術委員会
  クリティカルパス委員会  サービス向上委員会
  医療安全対策委員会  等々

キャリアアップの支援
北海道循環器病院では、専門分野において高い知識・技術をもち、看護の質の向上に貢献できる認定看護師や、学会認定の資格取得等を支援しています。

認定看護師とは

日本看護協会が認定した「ある特定の看護分野において優れた知識と熟練した看護技術を用い、水準の高い看護実践のできる看護師」をいい、看護現場において実践・指導・相談の3 つの役割を果たすことによって、看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的に活動しています。現在17 分野において認められています。
当院では、本制度を利用し、感染管理認定看護師、集中ケア認定看護師の資格を取得し臨床の現場で活躍しています。

感染管理認定看護師

高井 裕美

病院内の各部門における感染症等の発生を監視するとともに、感染対策活動を客観的に調査・把握し、各部門への連絡や調整などの役割を担っています。

主な活動内容
  • 感染管理のための方針を明確にし、活動計画の立案、実践、評価、更新
  • 疫学的に効果が認められた感染防止技術を理解し、効果的な感染防止対策を立案、導入、評価
  • 病院に関わる人々に対する感染管理活動
  • 病院内における、感染管理教育の実施
  • 感染管理コンサルテーションの実施
皮膚・排泄ケア認定看護師

坂本 恭子

褥瘡や下腿などの創傷管理やストーマケア・失禁ケアなどの排泄管理において患者・家族の生活を維持・向上に繋がるような看護ケアの提供を行う役割を担っています。

主な活動内容
  • 褥瘡の予防や院内褥瘡発生頻率の減少、発生後速やかに改善できるよう看護計画の立案・実践・評価
  • ストーマ保有者や失禁を伴う患者のスキンケアや排泄管理
  • 創傷管理や排泄管理について患者さんとそのご家族の自己決定支援
集中ケア認定看護師

佐藤 大樹、三浦 真裕

ICU 等における集中ケアに関する幅広い知識と技術を持ち、手術後や重症度の高い患者の心身両面の的確な看護及び、ご家族の精神的なケアを行う役割を担っています。

主な活動内容
  • 術後患者、重症患者等の看護の質を目指した実践・指導・相談
  • 人工呼吸器管理や人工呼吸器装着患者のケア・安全管理サポート等
  • 早期リハビリテーション(心臓リハビリテーション、呼吸理学療法、ADL 拡大のための嚥下訓練等)の実践・管理・指導
慢性心不全看護認定看護師

中山 忍

慢性心不全患者の病状や病期に応じた症状モニタリングとアセスメントを行い、自己管理能力を高める支援を行います。

主な活動内容
  • 慢性心不全看護に実践を通し、看護職者への相談・指導・対応を行います。
  • 慢性心不全患者の身体的・精神的・社会的な対象特性に応じて、在宅療養をみすえ多職種と協働して、生活調整を行う。
  • 心不全センター・病棟・外来を通して、慢性心不全患者のQOLを高めるための療養生活行動を支援します。

※認定看護師研修期間中の給与は基本給が支給され、研修場所への交通費等も支給されます。

学会認定資格

当院では、呼吸療法士、糖尿病療養指導士が臨床の現場で活躍しています。

呼吸療法士

吸入療法・酸素療法・呼吸理学療法および人工呼吸などの呼吸療法に精通した医療要員のことで、日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会の3 学会合同呼吸療法認定士認定委員会の定めた諸審査を経て認定する資格。

糖尿病療養指導士

糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士の資格を有する者および准看護師、栄養士の資格を有する者)に対し、日本糖尿病療養指導士認定機構が認定する資格。