認定看護師

認定看護師とは?
認定看護師が優れた知識と看護技術を用い、水準の高い看護実践に取り組んでいます。

認定看護師には、実践・相談・指導の3つの役割があり、当院では感染管理認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、集中ケア認定看護師、慢性心不全看護認定看護師が臨床の現場で活躍しています。

実践

患者個人やその家族、病院に入院している患者や医療従事者などの集団に対して、高度な看護知識と熟練した技術により、質の高い看護ケアを提供する。

相談

看護師、他の部門等の医療従事者に対し、患者の問題解決の手助けとなる専門的知識の提供とコンサルテーション。

指導

患者に提供する看護ケアを通して、他の看護師や医療従事者に専門的な指導や知識の提供を行う。

認定看護師のご紹介

感染管理認定看護師

高井 裕美

病院内の各部門における感染症等の発生を監視するとともに、感染対策活動を客観的に調査・把握し、各部門への連絡や調整などの役割を担っています。

主な活動内容
  • 感染管理のための方針を明確にし、活動計画の立案、実践、評価、更新
  • 疫学的に効果が認められた感染防止技術を理解し、効果的な感染防止対策を立案、導入、評価
  • 病院に関わる人々に対する感染管理活動
  • 病院内における、感染管理教育の実施
  • 感染管理コンサルテーションの実施

皮膚・排泄ケア認定看護師

坂本 恭子

褥瘡や下腿などの創傷管理やストーマケア・失禁ケアなどの排泄管理において患者・家族の生活を維持・向上に繋がるような看護ケアの提供を行う役割を担っています。

主な活動内容
  • 褥瘡の予防や院内褥瘡発生頻率の減少、発生後速やかに改善できるよう看護計画の立案・実践・評価
  • ストーマ保有者や失禁を伴う患者のスキンケアや排泄管理
  • 創傷管理や排泄管理について患者さんとそのご家族の自己決定支援

集中ケア認定看護師

佐藤 大樹

三浦 真裕

ICU 等における集中ケアに関する幅広い知識と技術を持ち、手術後や重症度の高い患者の心身両面の的確な看護及び、ご家族の精神的なケアを行う役割を担っています。

主な活動内容
  • 人工呼吸器管理や人工呼吸器装着患者のケア・安全管理サポート等
  • 術後患者、重症患者等の看護の質の向上を目指した実践・指導・相談
  • 早期リハビリテーション(心臓リハビリテーション、呼吸理学療法、ADL 拡大のための嚥下訓練等)の実践・管理・指導

慢性心不全看護認定看護師

師長 中山 忍

慢性心不全患者の病状や病期に応じた症状モニタリングとアセスメントを行い、自己管理能力を高める支援を行います。

主な活動内容
  • 慢性心不全看護に実践を通し、看護職者への相談・指導・対応を行います。
  • 慢性心不全患者の身体的・精神的・社会的な対象特性に応じて、在宅療養をみすえ多職種と協働して、生活調整を行う。
  • 心不全センター・病棟・外来を通して、慢性心不全患者のQOLを高めるための療養生活行動を支援します。

手術看護認定看護師

太田 裕馬

患者さんに安心して手術を受けていただけるよう自己研鑽とスタッフ指導を通して、手術看護の質の向上を目指しております。また、術中は自分の思いを表出できない患者さんに代わって患者さんの権利を守る擁護者としての役割を担っていきます。

主な活動内容
  • 周術期における二次的合併症の減少
  • 周術期看護の質の向上を目指した実践・指導・相談
  • 手術にかかわるすべてのスタッフが専門性を発揮し、より質の高い医療を提供できる環境づくりを行います。