専門外来のご案内

心不全センター外来

心不全とは、病名ではなく、心臓の機能を表現するもので、狭心症や心筋梗塞といった、虚血性心疾患や弁膜症、高血圧などが原因で心臓の機能が落ちている状態をいいます。心不全の診断は外来での心臓超音波検査や血液検査などでも可能ですが、冠動脈の状態や心臓の筋肉(心筋)の状態、心機能、不整脈などを多角的に評価することが重要です。

当院では循環器内科と心臓血管外科の医師が連携し、心不全の原因となった生活習慣や原因疾患の改善と共に、心機能を維持改善するための薬物治療や、特殊なペースメーカー(両心室ペーシング)治療や左室形成や弁形成、バイパス手術といった外科的治療とともに、早期の段階から心臓リハビリテーションを導入し治療成績と予後を向上させています。

診療日 月曜日 午後、火曜日 午後、木曜日 午前、金曜日 午前
担当医師 心不全センター長 村上 弘則

虚血外来

虚血外来は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を判別するための外来です。運動後や早朝睡眠中に生じる胸部症状について心臓由来であるかを判定し、治療につなげていくことを目的としております。初診時の検査は、心電図と胸部レントゲン写真と心エコー図を受けて頂き、問診と照らしあわせて心筋虚血を同定するための検査(冠動脈CT、負荷心筋シンチなど)への適切な誘導を行います。検査の危険性や合併症などを総合的に判断し、効果的な治療が行えることを基本としております。

狭心症には、様々な種類があります。更年期の方が患う狭心症や冠動脈の痙攣(攣縮)によって引き起こされるもの、冠動脈硬化により引き起こされるものがあります。なかには致命的状況に至る場合もございますので、不安な方は受診をお勧めします。 急性心筋梗塞に対しては、胸痛外来の時間枠以外でも、当然、緊急対応しております。救命と心筋細胞救済のために一刻も早く、そして安全な治療へと結びつけていきます。

対象となる方
  • 今まで感じたことのない胸部症状を有する方
  • 胸痛がある方
  • 更年期による説明しがたい胸部症状を有する方
初診の方
  • 問診票記入、心電図、胸部レントゲン写真、心エコー図の後に診察となります
当院可能な検査
  • 運動、食事療法
  • 薬物療法:抗血栓療法とプラークコントロールなど
  • ステント治療:その方に合わせたステント選択と適正治療
  • 冠動脈バイパス術(外科的治療)
  • 心臓リハビリテーション
診療日 火曜日 午前、木曜日 午後、金曜日 午後
担当医師 心血管研究センター長 山本 匡舟山 直宏須永 大介

※ 初診( 当院を受診されたことがない方) の場合は、新患外来のご受診となります。詳しくは、外来受付時間をご確認ください。


静脈瘤外来

下肢静脈瘤は、下肢の表在静脈が拡張、蛇行する病気で、下肢のむくみやだるさ、こむら返りなどの症状があります。進行すると色素沈着や皮膚潰瘍が起こることもあり、重症にならないようにすることが重要です。

当院では、以前から標準的に行われているストリッピング手術に加え、より身体に負担の少ない手術を目指し、2012 年6 月より血管内レーザー治療を開始しました。2016 年8 月からは痛みが少なく保険適応の「新型ELVeS レーザー1470nm」を導入し、焼灼後の皮下出血や疼痛も軽減され、患者さんの術後満足度も高くなっております。

治療は、ご希望や病状に応じて、日帰りも可能です。また、患者さんの症状に合わせ、弾性ストッキング着用や硬化療法などの治療にも対応しています。血管がぼこぼこ浮き出ているなど、足の症状でお困りの方には、静脈瘤外来の受診をお勧めいたします。

※ 事前に患者さんの許可をいただいて撮影しております。

対象となる方
  • 下肢静脈瘤ではないかと心配な方
  • 下肢静脈瘤の治療を希望される方
当院可能な治療方法
  • 運動や生活指導
  • 弾性ストッキングによる圧迫治療
  • 硬化療法
  • 血管内レーザー治療
  • ストリッピング手術
診療日 木曜日午後 (完全予約制)
担当医師 心臓血管外科医長 岩朝 静子
もの忘れ外来
認知症とは?

病名ではなく状態を意味する言葉です。

一度正常に達した認知機能が後天的な脳の障害によって持続的に低下し、日常の家庭生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を言い、その状態が意識障害のないときにみられます。

認知症の原因は?

多くの認知症は原因が分かっていませんが、認知症にならないためには高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に気をつけることです。

また、積極的に認知症を防ぐためには定期的な運動、適切な食事(カロリー、塩分制限など)、余暇活動、積極的な社会参加が望ましいでしょう。

認知症は治るのか?

残念ながら今日の医学では原因がわからない認知症は治すことはできませんが、薬や脳のリハビリテーションにより改善したり、進行を遅らせることはできます。21世紀中に人類は6割以上の認知症の原因となっているアルツハイマー病を克服するだろうと言われております。

早期診断が大切

認知症に対して有効な薬物が使用できるようになった今日、認知症になる危険性の高い軽度認知障害や軽度の認知症を如何に早期に診断するかがとても大切なことになったのです。治療が早ければ症状の進行を遅らせ、今迄の生活を継続することができます。

※軽度認知障害とは?
もの忘れを自覚しており、客観的にも年齢からしては記憶障害は認められるが、家庭や社会生活には支障がなく、認知症ではないと考えられる。しかし、1年後にはその内の10~15%が認知症となる。
認知症の重症度の判定

幾つかの判定方法がありますが、当院では、①かなひろいテスト、②MMSテストを用いて総合判定を行っています。

① かなひろいテスト
ひらがなだけで書かれたおとぎ話の一部分を2分間で読みながら文中の「あ、い、う、え、お」を拾い出すとともに文章の意味を把握できたかを調べます。

② MMSテスト
アメリカのフォルスタイン氏らが考案した知能テストを簡略化した検査法です。時間や場所の見当識や簡単な単語を一定時間覚えていることができるか、また、言葉や書字を理解して行動できるかなど多角的なテストで脳の機能を調べます。

認知症になり易い人とは?
  • 仕事一辺倒で感性の乏しい人
  • 音楽や絵画、スポーツに関心のない人
  • 人との付き合いが嫌いな人
  • 笑顔が少なく冗談の言えない人
  • 思い遣りがない人
認知症にならないためには
  • 社交性を忘れず、朗らかな気持ちで過ごす
  • 他人を思い遣る心を持つ
  • 億劫がらず、こまめに体を動かす
  • 新しいことにチャレンジしようとする意欲を持つ
  • 仕事や子育て以外に生き甲斐や趣味を持つ
  • 身だしなみに気をつかう
  • 良い意味で異性への関心を失わない
認知症の症状

▼ 軽度認知症=社会活動に障害が出るレベル

  1. ぼんやりしていることが多い
  2. 生きがいを覚えているふうがない
  3. 根気が全く続かない
  4. 発想が乏しく、画一的になる
  5. 一日や一週間の計画が、自分で立てられない
  6. 仕事をテキパキと片付けられない
  7. 反応が遅く、動作がもたもたしている
  8. 同じ事を繰り返し話したり、尋ねたりする
  9. 無表情、無感動の傾向が見られる
  10. 相手の意見を聞かない

※ 4項目以上が該当する場合は軽度認知症が疑われます。

診療日 水曜日 午前
担当医師 心理事長 大堀 克己
糖尿病外来

栄養士による栄養指導や、理学療法士と協力して運動のアドバイスを行っています。

日々の暮らしのなかに隠れている問題点を「みえる化」し、アドバイスできるよう力を入れています。

ひとりひとりの患者さんの年齢や、病状、ライフスタイルやライフステージにあわせた、きめこまかい、負担のすくない治療とケアを提供できるようこころがけています。

6 名の日本糖尿病療養指導士(CDEJ)および心血管グループとも協力して、「チームで支える」治療を実践したいと考えています。

  • 栄養相談 : 栄養士による栄養指導も行っています。
  • 運動療法 : 年齢や体力や合併症の状況に応じて、運動のアドバイスも行っています。
  • 主な対象疾患: 糖尿病

※ 初診( 当院を受診されたことがない方) の場合は、新患外来のご受診となります。詳しくは、外来受付時間をご確認ください。

禁煙外来

喫煙は、高血圧症・高脂血症・糖尿病とともに心臓病の4 大危険因子といわれています。しかし、喫煙者にとって長年のニコチン依存症という薬物中毒から簡単に脱することは容易なことではありません。当院でそういった方たちを対象に禁煙外来を設置し医師があなたの禁煙を強力にサポートします。

禁煙外来では、ニコチン製剤を上手に使用し体にニコチンを補給することで離脱症状を抑え無理なく禁煙することができます。そして受診のたびに「呼気一酸化炭素濃度」を測定し、肺がきれいになっていく状態を確かめます。また平成18 年4 月より、下記の4項目のすべてに該当すれば禁煙治療が保険診療の適応となりました。(保険が適応されない場合は、自由診療で治療を受けることができます。)

診療日 随時(予約制)
※ 受診の際は代表電話 (011) 563-3911で「禁煙外来を受診希望」と伝え、ご予約をお願いします。