最新の EMI(医学的根拠)にもとづいた医療を提供します

北海道循環器病院は、心臓・循環器血管系疾患の専門病院として最新の医学・医療 (EBM=医学的根拠) に基づいた技術力の高い医療を提供するとともに、私たちは臓器・病気だけを診る医療ではなく、患者さんの心を含めた「ひとを診る」「ひとを支える」医療を実践していきます。

循環器内科

大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療
tavi

カテーテルを用いて人工弁を留置する従来の手術より身体への負担の少ない治療法です。


TAVI(経カテーテル的大動脈弁植え込み術)とは、Transcatheter Aortic Valve Implantationの略で重症の大動脈弁狭窄症に対する治療法です。

開胸することなく、また、心臓を止めることなく、カテーテルを使って心臓に人工弁を留置します。低侵襲(治療の際に患者さんへの負担の度合いが少ないこと)に加えて、人工心肺を使用しなくても済むことから、身体への負担が少なく、入院期間も短いのが特徴です。

高齢のために体力が低下している患者さんやその他の疾患のリスクを持つ方など手術が困難な患者さんが対象の治療法です。

大動脈弁狭窄症とは?
大動脈弁の硬化により心臓の出口が狭くなり、
命に関わるさまざまな症状を引き起こす病気です。

心臓の出口である大動脈弁が硬くなって、出口が狭くなる病気が「大動脈弁狭窄症」です。出口が狭くなると全身に血流を送り出すことが困難となり、血圧低下や失神・狭心症などの症状が出現するようになります。

また、心臓に圧負荷がかかるため心機能の低下・心不全を発症するようになり、不整脈による突然死の原因になる場合も。

大動脈弁狭窄症の治療法
「内科的治療=薬や経過観察」
「外科的治療=手術」
「TAVI(または対症療法)」

重症の大動脈弁狭窄症は命に関わる病気であり、最も確実な治療法は人工弁に置換する手術(大動脈弁置換術)です。

TAVI(タビ)は、心臓以外の病気を抱えていたり、体力が低下していて手術に耐えられないような大動脈弁狭窄症の患者さんに対するもう一つの治療法です。

従来の手術は心臓を止めて硬くなった弁を人工弁に置き換えますが、TAVI(タビ)は小さな創で心臓を止めることなく、カテーテルを用いて硬くなった大動脈弁の内側に人工弁を植え込みます。

日本では2013年10月から医療保険が適用され、2016年末までに約5,000例が行われています。当院は、2018年11月7日付にて、経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会が策定する実施施設基準を満たし、「経カテーテル大動脈弁置換術実施施設」として認定されております。

TAVIの対象疾患

重症の大動脈弁狭窄症の患者さんのうち以下に該当する方に有効な治療方法です。

  1. ご高齢の患者さん (80歳以上が目安)
  2. 過去に開胸手術の既往がある方
  3. 胸部の放射線治療の既往のある方
  4. 頸動脈狭窄を合併している方
  5. 肺気腫など呼吸器疾患を合併している方
  6. 肝硬変など肝疾患を合併している方
  7. 悪性疾患合併のある方

※ 上記条件に該当していても、現時点ではTAVI治療の適応とならない場合がございます。

TAVIのアプローチ方法

TAVIには、2通りのアプローチがあります。太ももの付け根の血管から挿入する「経大腿アプローチ」、肋骨の間を小さく切開し、心臓の先端(心尖部)からアプローチをする「経心尖アプローチ」です。

北海道循環器病院のTAVI治療体制
各部門の専門職員が集結した「ハートチーム」が最適な治療法を検討しています。

TAVIの治療は、当院のハートチームで治療にあたります。ハートチームは、循環器内科・心臓血管外科・麻酔科・看護部・臨床工学科・診療放射線科・臨床検査科・リハビリテーション科・ハートチームコーディネーターと診療科の垣根を超えた専門チームで構成されています。

TAVIに限らず、様々な循環器疾患に対して定期的に症例検討会を行っており、豊富な専門知識や経験をもった職員が心臓および全身状態の評価を行い、患者さんにとって最適な治療法を検討しています。

TAVIでの治療は、術前の各種検査や術後のサポートが重要となります。チームが一貫して担当させていただき、患者さんの症状や治療経過を把握し、治療後のケアまでサポートいたします。

北海道循環器病院のTAVI治療設備
ハイブリッド手術装置 Discovery IGS730(GE社製)を設置したハイブリッド手術室

当院では、2016年7月より、ハイブリッド手術室を稼働しました。ハイブリッド手術室とは、手術台と心・脳血管X線撮影装置を組み合わせた治療室のことで、手術室と同等の空気洗浄度の環境下でカテーテルによる血管内治療が可能です。

この組み合わせにより、最新の医療技術への対応が可能となりました。すなわち、外科的に最小限の切開を加えたあと、そこから低侵襲治療を代表するカテーテル治療を行うことができるようになったのです。

TAVIのメリット

ご高齢の方や疾患がある方への治療
ご高齢の方や既に疾患があり、手術が難しい患者さんへ新しい治療を選べるようになりました。

身体への負担が少ない
開胸することなく、また、心臓を止めることなく、カテーテルを使って心臓に人工弁を留置するため、患者さんの身体への負担が少なくなります。

入院期間が短い
従来の手術と比べると手術時間や入院期間が短いため、患者さんは比較的早く社会復帰ができます。