薬剤科

診療技術部 部長 兼
薬剤科科長

今田 深雪

 進歩する臨床現場では、薬剤師も医師や看護師と共に患者さんの傍で薬の専門職として貢献する時代となっており、安全で有効な薬物療法の提供に努めています。

 当院の薬剤師は、『自主性』を尊重し合い、専門性を深めると共に、チーム医療や教育・研究活動に参画することで『病院薬剤師としてのやり甲斐』を感じています。

薬剤科 理念

 北海道循環器病院の薬剤師として、常に専門性の追求と医薬品の安全な使用の推進に努め、患者さんや家族、職員を支援する。

薬剤科 基本方針

  1. 薬剤師としてやれることは何でもやる。
    患者さん・家族・職員への専門的な支援を惜しまない。
  2. 患者さん・家族に喜んでもらう。
    薬剤師の業務に専念し、患者さん・家族に満足して頂く。
  3. 薬剤師は臨床家であり、研究家である。
    専門性と最新知見を追求する。
  4. 薬の専門家として「正しい薬剤の使用」を進める。
    常に医薬品を評価し、適正で安全な使用を推進する。
  5. 楽しんで仕事をする。
    仕事の合理化・効率化に努めることにより、心にゆとりを持つ。
  6. 自主性・積極性を重んじる。
    興味があることをやるのはよいが、結果に責任を持つ。

 

薬剤科の特色

 当院は循環器専門病院として循環器病の治療薬を多く扱う一方、感染症治療薬、消毒薬なども含めて600品目あまりの医薬品を採用しており、品質と在庫の管理、採用医薬品の評価と運用を行い、患者さんを中心に考えた医薬品の適正使用を推進しています。

 また、薬歴管理に加えて、患者さんや職員へ適切に情報お提供することにより、副作用の予防と早期発見に努め、安全な薬物療法の実施と医療事故防止に貢献しています。

 各種の薬剤業務は、電子カルテシステムと連動しているため、持参薬を含む薬歴管理や病棟での業務が円滑に行われています。

薬剤科概略
構成スタッフ 薬剤師 6名   助手 1名
1日平均処方箋枚数 入院:101枚  外来:8枚  注射:148枚
院外処方箋発行率 99.9%
薬剤管理指導件数 全病棟実施  524件/月
無菌調製件数 122件/月
薬学実務実習受け入れ 3期 計6名

平成27年度実績

資格・認定技師/所属学会

資格・認定
  1. 実務実習指導薬剤師:3名
    • 今田 深雪
    • 小財 弘己
    • 多田 知弘
  2. 抗菌化学療法認定薬剤師<日本化学療法学会>:1名
    • 久保 悠 
  3. 糖尿病療養指導士<日本糖尿病療養指導士認定機構>:1名
    • 小財 弘己 
  4. 日本抗加齢医学指導士<日本抗加齢医学会>:1名
    • 今田 深雪  (脳心血管アンチエイジング部会所属)
  5. 腎臓病薬物療法認定薬剤師:1名
    • 多田 知弘 

 

所属学会
  • 日本病院薬剤師会
  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本ジェネリック医薬品学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本腎臓病薬物療法学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本マグネシウム学会
  • 日本抗加齢医学会
ページの先頭へ