診療放射線科

診療技術部
診療放射線科 技師長

菅原 宏昌

 診療放射線科は11名の診療放射線技師と1名の助手が所属しています。日々進歩する専門知識、技術の修得に努めることを理念とし、画像部門の専門家として最適な画像を作成して医師に提供しています。

 当院においてはPhilips社製の最新機器のCT装置「Ingenuity Core」と血管造影装置「Allura Xper FD20」に加えてGE社製の「Innova IGS520」が導入され、また最近ではコニカミノルタ社製の「AeroDRシステム」が導入となりました。患者さんの検査時間の短縮、被ばく低減を目指し、常に最適な医療を提供できるように心がけています。

<診療放射線技師としてのキャリアアップ>

医療が高度化するにつれて、必要とされる技術もより高度なものが要求されます。当院の技師は日本心血管インターベンション治療学会や日本核医学会に所属し十分な知識や技術を身につけ、高度な医療を患者さんに提供できるよう日々研鑽を積んでいますが、中には、北海道大学大学院医学研究科へ社会人大学院生として修士課程、博士課程へと進学し、自身のキャリアアップを行う技師もいます。

診療放射線部門 理念

  1. 医師との連携を図り、治療に直結した画像提供に努めます。
  2. 放射線被ばく低減に取り組みます。
  3. 医療用画像診断装置の確実な品質管理を実施します。

資格・認定技師

  1. 第一種放射線取扱主任者:原子力規制委員会認定
    • 前田 佑介(2008年10月)
    • 斉藤 利典(2010年10月)
  2. 日本血管撮影・インターベンション専門技師:日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)認定
    • 北 裕一(2013年9月)
    • 三浦 悟(2017年9月)
  3. 核医学専門技師:日本核医学専門技師認定機構
    • 前田 佑介(2015年9月)
  4. 医療情報技師:医療情報学会認定
    • 前田 佑介(2011年10月)
ページの先頭へ