看護部紹介

看護部の理念

  1. 患者・家族と信頼関係を築き、より良い健康状態の獲得と日常生活の向上を目指して安全で安心な
    看護を提供します。
  2. 患者の知る権利及び、自己決定の権利を尊重します。
  3. 看護者1人1人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努めます。

看護目標(平成28年度)

1. 安全で質の高い看護を提供する

 1) インシデント・アクシデントを減少させる。
 2) 誤嚥性肺炎・SSI・褥瘡の発生をさせない。
 3) DiNQL(日本看護協会「労働と看護の質向上のためのデータベース事業」)に参加し
   当院の看護部の看護師評価を行い、次年度以降に生かす。
 4) 『エキスパートナース育成コース』の実施により院内での学習のチャンスを提供し、
   学ぶ環境を整備する。

2. 病院経営へ貢献する

 1) 7:1入院基本料、ハイケアユニット入院管理料、地域包括ケア病床入院料を維持する。
 2) 退院支援を充実させ、営業課と連携、協働し入院・外来患者数、平均在院日数の維持する。
   ベッドコントロールを看護部が主体となり行う。
 3) 手術、検査等の目標症例数を達成するために、手術室・Angio室・CCUを中心に協力する。

3. 師長・主任の管理能力を向上させ組織として統率のとれた体制の構築を目指す

 1) 師長・主任会で、病院経営や管理能力の向上のための学習会を継続する。
   (1)経営指標となる数値を理解し、在院日数短縮、ベッド稼働率の向上に取り組む。
   (2)看護の質評価について学習を深める。
 2) 他職種との協力関係の要となる。
   (1)意識的に他職種とコミュニケーションの機会を多く作る。

   (2)共同で学習会や研究活動を行う。

ページの先頭へ