理事長 ごあいさつ

 

                   

 

 2017年4月より、理事長を拝命いたしました津久井 宏行でございます。当院は、1981年の開設以来、「医療を通して、同じ時代に生きる人々のお役に立つ」を経営理念として、大堀 克己前理事長の下、循環器医療に邁進して参りました。この度、この重責を受け継ぐにあたり、身の引き締まる思いでおります。
 あらゆる循環器疾患に対して、それぞれの患者さんにとって最適な治療法を内科医、外科医が十分なディスカッションを行った上で決定し、十分な説明の上で治療を行うことを方針としております。専門家集団の強みを生かして、迅速な診断、治療を行うことで、これまで救う事の出来なかった患者さんを一人でも多く救えるよう努力して参ります。
 私自身は、心臓血管外科を専門とし、これまで、国内、米国で2000例余りの手術を手がけて参りました。これまでの豊富な経験をもとに、地域の皆様に世界最高レベルの医療を提供できるよう知識、技術、設備の改善を継続して参ります。引き続き、ご指導、ご鞭撻を賜われますようお願い申し上げます。

理事長 大堀克己

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ