ホルター心電図検査について

ホルター心電図を外すために翌日来院する必要はありません。

当院におけるホルター心電図の返却方法

  1. ホルター心電計をご自身ではずして、宅配便で当院宛てに送って頂く方法
  2. 当院に来院して頂く方法。

※ 1の場合は翌日に当院へ来院する必要はありません。
※ 宅配便を使用する際の費用は当院で負担します。

ホルター心電図とは?

 動悸、脈の乱れ、胸の痛みなどがある場合に、通常病院で行われる心電図は短時間のため、症状の原因となる心電図変化を捉えるとは限りません。そこで、日中活動中や夜間睡眠中も含めて1日中、心電図が記録できるホルター心電図を取り付け、心臓疾患の診断、不整脈や狭心症治療薬の効果判定に役立ちます。その他にペースメーカーの機能評価や心臓リハビリテーション・心臓病患者の生活指導などの必要資料としても活用できます。

ホルター心電図の大きさ

ホルター心電図の大きさ

 当院で使用しているホルター心電図は、患者さんの負担を軽減するため、小型で軽量化された物を使用しています。

 ただ、入浴対応型や睡眠時無呼吸の判定を同時に行うタイプの機器は、様々な機能が付いているため、若干大きくなりますが、100g~200g程度です。

入浴対応型ホルター心電計

睡眠時無呼吸検査の機械と装着後の画像

ページの先頭へ