運動負荷試験

心臓リハビリテーションを安全に効果的に行うためには、個々の患者さんの運動耐用能(有酸素運動の許容範囲)を正しく知っておく必要があります。
そこで行うのが心肺運動負荷装置(CPX)という装置を使用した運動負荷試験です。呼吸中の酸素と二酸化炭素を測るマスクをつけて自転車エルゴメータをこいでもらい、酸素不足状態になる前の、息切れしない状態(この運動強度を無酸素性作業閾値:ATといいます)。の測定とともに、患者さんの自覚的運動強度(ボルグスケール)を調べることによって現在の心機能に見合った適切な運動量を設定します。