虚血外来

虚血外来は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を判別するための外来です。運動後や早朝睡眠中に生じる胸部症状について心臓由来であるかを判定し、治療につなげていくことを目的としております。初診時の検査は、心電図と胸部レントゲン写真と心エコー図を受けて頂き、問診と照らしあわせて心筋虚血を同定するための検査(冠動脈CT、負荷心筋シンチなど)への適切な誘導を行います。検査の危険性や合併症などを総合的に判断し、効果的な治療が行えることを基本としております。
狭心症には、様々な種類があります。更年期の方が患う狭心症や冠動脈の痙攣(攣縮)によって引き起こされるもの、冠動脈硬化により引き起こされるものがあります。なかには致命的状況に至る場合もございますので、不安な方は受診をお勧めします。 急性心筋梗塞に対しは、胸痛外来の時間枠以外でも、当然、緊急対応しております。救命と心筋細胞救済のために一刻も早く、そして安全な治療へと結びつけていきます。

対象となる方

  • 今まで感じたことのない胸部症状を有する方
  • 胸痛がある方
  • 更年期による説明しがたい胸部症状を有する方

初診の方

問診票記入、心電図、胸部レントゲン写真、心エコー図の後に診察となります

当院可能な検査

  • 冠動脈CT
  • 核医学検査(負荷心筋シンチ)
  • 冠動脈造影検査(カテーテル検査)

当院可能な治療方法

  • 運動、食事療法
  • 薬物療法:抗血栓療法とプラークコントロールなど
  • ステント治療:その方に合わせたステント選択と適正治療
  • 冠動脈バイパス術(外科的治療)
  • 心臓リハビリテーション
診療日 月曜日 午後、火曜日 午前、金曜日 午後
担当医師 心血管研究センター長 山本 匡舟山 直宏小西 崇夫
ページの先頭へ