心不全外来

心不全とは、病名ではなく、心臓の機能を表現するもので、狭心症や心筋梗塞といった、虚血性心疾患や弁膜症、高血圧などが原因で心臓の機能が落ちている状態をいいます。
心不全の診断は外来での心臓超音波検査や血液検査などでも可能ですが、冠動脈の状態や心臓の筋肉(心筋)の状態、心機能、不整脈などを多角的に評価することが重要です。
当院では循環器内科と心臓血管外科の医師が連携し、心不全の原因となった生活習慣や原因疾患の改善と共に、心機能を維持改善するための薬物治療や、特殊なペースメーカー(両心室ペーシング)治療や左室形成や弁形成、バイパス手術といった外科的治療とともに、早期の段階から心臓リハビリテーションを導入し治療成績と予後を向上させています。

診療日 月曜日 午前・午後、火曜日 午後、水曜日 午後、木曜日 午前、金曜日 午前
担当医師 副院長 堀田 大介 村上 弘則
ページの先頭へ