高周波カテーテルアブレーション実績

実績

 頻脈性不整脈に対する高周波カテーテルアブレーション治療は平成28年1月から12月の間に238人に対して施行されました。札幌以外からもたくさんの患者さんに来て頂きました。内訳の多くは心房細動患者さんです。年々カテーテルアブレーション治療患者数は増加傾向ですが、社会の高齢化に伴う心房細動患者さんの増加が大きな要因です。心房細動の多くは治せる時代になってきています。お薬では治らない病気であり、根治できれば通院も不要となる可能性もあり、今後の医療経済的にも優れた治療法と考えられます。
 治療成績も良好と考えられます。最新の不整脈治療システムを導入しており、また手技の工夫等も行い最高、最良の治療を提供するよう励んでいます。当院はセントジュードメディカル社認定の研修施設となっており全国の医師、技師の方々に見学にも来ていただいております。  
 治療時間や入院期間も短縮され安全性も向上しており、さらには熟練した多職種のスタッフにより安心して治療を受けていただける環境となっています。現在月曜、水曜、金曜が定期治療日となっており1日二、三人の患者さんの治療を行なっております。

 患者さんの「楽になりました」の言葉が最高の喜びです。不整脈によっては複数回の治療が必要な場合もありますが、可能な限り一度の治療で治すべくこれからも努力して行きます。

                                    (循環器内科医長 櫻井 聖一郎)

カテーテルアブレーション件数

 

ページの先頭へ