高周波カテーテルアブレーション実績

不整脈専門外来

循環器内科医長

櫻井 聖一郎

 不整脈には、経過観察で良いものから、早急な対応が必要なものまで様々です。近年、不整脈治療の進歩はめざましく、以前は薬でしか対処できなかった不整脈治療も、カテーテルアブレーションや、植込み型除細動器による治療の選択肢も増えました。当院では最新の電気生理解析装置を導入し精度の高い診断ができますので、動悸や胸の不快感を伴うめまい、立ちくらみ、失神などの症状があったり、検診で不整脈を指摘された方は、不整脈外来の受診をお勧めします。

 不整脈には脈が遅くなるものと速くなるものがあります。遅くなるものの症状としてはめまいや意識消失などがあります。一方速いものの症状としては動悸、めまいが挙げられます。速くなる不整脈には生命に関わることがない不整脈から心房細動という心臓の上の部屋が震えてしまい二次的に脳梗塞や心筋梗塞などの大きな問題を起こしたりする不整脈や突然死の原因となる心室頻拍、心室細動のような心臓の下の部屋が震える不整脈など色々な不整脈があります。

 治療に当たっては、確実に診断することが大事で、それにより症状をなくしたり、脳梗塞や突然死を防ぐことが可能となります。遅くなる不整脈に対する治療としては薬物療法やペースメーカー治療があります。一方速くなる不整脈に対しては薬物療法とカテーテルアブレーションというカテーテル治療があります。薬物治療は根治療法(完全に治す治療)にはならず、場合によっては一生涯薬を内服していただく必要があることもありますが、カテーテル治療で根治できる不整脈もたくさんあります。当院では積極的にカテーテル治療を行い、患者さんの症状の緩和、日常生活の質の向上、薬物治療、通院からの脱却、脳梗塞、心臓突然死の予防を目指しております。下記に患者さんからの手記をご紹介いたします。

 手紙のように不整脈が患者さんの人生に大きく影響を与えている場合もあり、カテーテル治療は非常に有効です。しかし中にはカテーテル治療だけでは解決できない不整脈もあります。その場合には薬物治療を併用したりして、最大限患者さんの辛さをなくすようにさせていただいております。

 当院にはカテーテル治療に必要なスタッフ、先進機材等は全て備えておりますので、不整脈でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

 

循環器内科医長 櫻井 聖一郎

患者さんからのお手紙

「私は長年不整脈に悩まされていました。徐脈はペースメーカーで解消されましたが頻脈、結滞等はますます増え、歩行時、息苦しさ等が出てきていました。
薬はたくさんのんでいました。レントゲン写真上で心臓が拡大しているのを見た時、もうそんなに長くは生きられなぁと感じました。
そんな時桜井先生を紹介されカテーテルアブレーション治療を知りました。昨年10月のことです。帰宅後、すぐインターネットで調べました。術前の説明は充分になされ治療の危険性も納得しました。私の病態の現状では熟考してからお返事する・・・そんな気持ちのゆとりはありませんでした。飛びついたというのが本音でしょうか。不安は入室時に一瞬ありました。生きてもどれないかも・・・と。 目が覚めたとき、かなりの時間が経過していました。今は発作の不安がなくなったことが嬉しく、歩行が楽になったことも感謝しています。薬もほとんど不要になり、よい時代に生きていることを実感しています。」

70代 女性の方より
ページの先頭へ