平成27年度 北海道循環器病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 19 84 262 735 887 744 185

       

表について:
平成27年度に当院を退院された患者さんの年齢を10歳刻みの年齢階級別に集計しました。
年齢は入院日の満年齢としています。
(*患者数が10名未満の年齢区分は-(ハイフン)としています。)

解説:
当院は、心臓・循環器血管系疾患の専門病院のため、心機能の低下や血流の低下などが現れる60歳代以降の患者さんの割合が多い
傾向にあります。
年齢別に見ると、40歳代・50歳代では狭心症での入院が最も多く、続いて動悸症状などを伴う頻脈性不整脈、睡眠中の呼吸停止や
日中の傾眠(軽い刺激で目覚めるが、すぐにウトウトしてしまう状態)症状を伴う睡眠時無呼吸症候群での入院が多い傾向があります。
60歳代・70歳代では、狭心症、頻脈性不整脈に続き、心不全で入院される方が多くなります。
80歳代では、狭心症に次いで心不全は2番目に入院の多い疾患となります。また、肺炎で入院される方も多い傾向にあります。
90歳代以降では、心不全での入院が最も多く、次いで肺炎、3番目に狭心症が多い入院となります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 下肢静脈瘤:血管内焼灼術 63名 2.4日 3.5日 0% 68.2歳 下肢静脈瘤手術
050210xx97000x 徐脈性不整脈: ペースメーカー移植・交換術 16名 7.4日 11.8日 6.3% 84.3歳 ペースメーカー移植術
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 :心臓カテーテル検査 14名 2.8日 3.1日 0% 66.1歳 心臓カテーテル検査
表について:
患者数の多いDPC(診断群分類)を診療科別に集計し、上位3つを掲載しています。
用語についてはこちらをご参照ください。

解説:
心臓血管外科で最も多い入院は下肢静脈瘤でした。下肢静脈瘤の入院治療では、主に血管内焼灼術(レーザー治療)を行います。
レーザー治療は手術の傷跡がほとんど残らず、局所麻酔で行うため、手術当日から歩くことができ、手術翌日には退院となります。
当院では2日間での入院治療を基本としており、全国平均より短い入院日数となっております。
また、退院後は外来で経過を診るため、転院率は0%です。
2番目に多い徐脈性不整脈は、動悸やめまい・失神などの症状があるため、ペースメーカーの移植を行います。
当院での入院期間は7日を基本としていますが、失神などで緊急入院となった場合、 心臓の検査などを行った後、ペースメーカーの移植
を行うため、入院期間が平均より長くなるケースもあります。
3番目に多い入院は狭心症のカテーテル検査入院でした。心臓のバイパス術や弁膜症の手術を行う前には冠動脈の狭窄(狭くなってい
る) の程度などを調べ、結果をもとに手術を検討します。

▶当院の心臓血管外科についてはこちらからご覧いただけます。
なお、手術室の体制が整備されたことにより、今年度(平成28年度)は多くの心臓手術への対応が可能となりました。
特に弁膜症に対する弁置換術や、狭心症に対する冠動脈のバイパス手術を多く行っております。(平成28年9月26日現在)
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 :心臓カテーテル検査 461名 3.3日 3.1日 0.2% 70.6歳 心臓カテーテル検査
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 :心臓カテーテル治療 268名 5.4日 4.9日 1.5% 69.4歳 心臓カテーテル治療
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈:経皮的カテーテル心筋焼灼術 225名 6.3日 5.7日 0% 66.6歳 カテーテルアブレーション
表について:
患者数の多いDPC(診断群分類)を診療科別に集計し、上位3つを掲載しています。
用語についてはこちらをご参照ください。

解説:
循環器内科で最も多い入院は心臓カテーテルの検査入院でした。
心臓カテーテル検査入院は、治療を検討する目的の場合と、治療後の心臓の血管の状態を確認する目的の場合があります。
2番目に多い心臓カテーテルの治療入院は、検査入院の結果、心臓の血管に狭窄(狭くなっている)箇所があり、拡張が必要な方に
対して行います。
治療方法は、バルーン(風船)やステント(網目状の小さな金属製の筒)などで狭窄箇所を広げる方法や、血管内で固まってしまった
コレステロールを削り取るロータブレータなどがあります。
3番目に多い頻脈性不整脈とは、心房細動や心房粗動、上室(性)頻拍などで、動悸症状があります。
経皮的カテーテル心筋焼灼術は「カテーテルアブレーション治療」と呼ばれ、心臓内部の不整脈の原因の異常な電気回路にカテーテルの
先端をおいて通電し、その回路を断ち切ります。
回路を断つことで、不整脈の根本的な治療を行うことができます。

▶当院の循環器内科についてはこちらからご覧いただけます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 大腸ポリープ:手術なし 11名 3.8日 2.9日 0% 73.4歳
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 11名 21.4日 15.4日 9.1% 70.0歳
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.5日 - -
表について:
患者数の多いDPC(診断群分類)を診療科別に集計し、上位3つを掲載しています。
用語についてはこちらをご参照ください。
*患者数が10名未満は-(ハイフン)としています。

解説:
消化器内科では大腸のポリープ切除や、糖尿病患者さんへのインスリンの導入や血糖のコントールを行います。
インスリンの導入入院の場合、血糖測定やインスリン注射の練習、低血糖の症状や対応について学んでいただき、1週間程度の入院と
なります。
血糖コントール入院の場合、インスリンの量や注射の回数などを変えながら調整し、血糖値の安定をはかります。
調整に要する日数は、患者さんの状態などによって異なります。
2型糖尿病入院の平均在院日数は、インスリン導入入院と血糖コントール入院を合わせた数の平均のため、血糖コントール入院で
長期入院が必要とされた患者さんがいたため、全国の在院日数平均より長くなっております。

▶当院の消化器内科についてはこちらからご覧いただけます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説:
患者数が10名未満のため-(ハイフン)としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 29名 12.8日 81.1歳
重症度 2 17名 20.9日 79.9歳
重症度 3 12名 20.3日 88.3歳
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

 

表について:
成人市中肺炎(20歳以上の成人が普段の生活の中でかかる肺炎)で入院された患者さんを重症度別に集計しています。
重症度は重症度分類システム(A-DROP)を用いて分類し、5点満点で1項目1点として集計しています。
(集計条件については、こちらをご参照ください。)
肺炎の中でもインフルエンザなどのウイルスによる肺炎や、食べ物などが誤って気管に入ることで起こる誤嚥性肺炎、気管支炎などは
集計対象外となっています。
(*患者数が10名未満の重症度は-(ハイフン)としています。)

解説:
成人市中肺炎で入院された方のうち、70歳以上の方が87%を占めます。
患者数は重症度1に分類される方が最も多く、2週間程度の入院治療を要します。
重症度が上がるにつれ患者さんの平均年齢も高くなり、治療に時間を要するため、平均在院日数も長くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
解説:
患者数が10名未満のため-(ハイフン)としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 65名 0.4日 1.2日 0% 68.0歳 下肢静脈瘤手術
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 27名 9.2日 7.3日 14.8% 71.6歳 経皮的動脈形成術
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 15名 4.4日 6.2日 6.7% 67.8歳 心臓カテーテル治療
表について:
患者数の多い手術を診療科別に集計し、上位3つを掲載しています。

解説:
心臓血管外科で最も多かった下肢静脈瘤血管内焼灼術は、レーザーを使った治療で、静脈を切除するストリッピング手術より、痛みや
出血が少ない治療法です。患者さんの負担も少なく、回復も早いため、手術後の入院期間も短くなっています。
2番目に多かった四肢の血管拡張術・血栓除去術は、当院では主に下肢(太ももやふくらはぎ)の閉塞性動脈硬化症の方に行って
います。
閉塞性動脈硬化症では、血管が狭くなったりつまることで十分な血流が保てなくなり、歩行時に足のしびれなどが現れます。
四肢の血管拡張術・血栓除去術では、カテーテルを血管の狭窄(狭くなっている)箇所に通し、バルーン(風船)をふくらませて血管を
広げ、血流を確保します。
3番目に多かった経皮的冠動脈ステント留置術は、心臓の血管の狭窄(狭くなっている)箇所に対し、小さなバルーン(風船)に取り
付けたステント(網目状の小さな金属製の筒)を、血管の中で膨らませ、血流を確保します。
 
▶詳細な診療(治療)実績はこちらからご覧いただけます。平成27年手術実績
なお、手術室の体制が整備されたことにより、今年度(平成28年度)は多くの心臓手術への対応が可能となりました。
特に弁膜症に対する弁置換術や、狭心症に対する冠動脈のバイパス手術を多く行っております。(平成28年9月26日現在)
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 254名 2.1日 3.3日 1.6% 69.9歳 心臓カテーテル治療
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 204名 2.3日 4.2日 0.5% 67.3歳 カテーテルアブレーション
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 59名 5.3日 10.6日 10.2% 79.3歳 ペースメーカー移植術
表について:
患者数の多い手術を診療科別に集計し、上位3つを掲載しています。

解説:
循環器内科で最も多かった経皮的冠動脈ステント留置術は、心臓の血管の狭窄(狭くなっている)箇所に対し、小さなバルーン(風船)
に取り付けたステント(網目状の小さな金属製の筒)を、血管の中で膨らませ、血流を確保します。
2番目に多かった経皮的カテーテル心筋焼灼術は「カテーテルアブレーション治療」と呼ばれ、心臓内部の不整脈の原因の異常な電気回路
にカテーテルの先端をおいて通電し、その回路を断ち切ります。
回路を断つことで、心房細動や心房粗動、上室(性)頻拍などの頻脈性不整脈の根本的な治療を行うことができます。
3番目に多かったペースメーカー移植術は、洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈の方に対して行われます。

▶詳細な診療(治療)実績はこちらからご覧いただけます。
平成27年インターベンション実績
平成27年高周波カテーテルアブレーション実績
平成27年ペースメーカ・ICD・CRT実績
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 21名 1.7日 1.3日 0% 65.4歳 大腸ポリープ切除術
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K7212 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上) - - - - - 大腸ポリープ切除術
表について:
患者数の多い手術を診療科別に集計し、上位3つを掲載しています。
(*患者数が10名未満の手術は、-(ハイフン)としています。)

解説:
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は、外来にて大腸カメラ検査を行い、悪性の腫瘍ではないことを確認した後、ポリープの切除を
行います。 切除後、出血などの症状がないことを確認し、退院となります。
当院での標準的な入院日数は3日間です。

▶詳細な診療(治療)実績はこちらからご覧いただけます。平成27年消化器内科実績
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.9%
異なる - -
表について:
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と請求率を集計しています。
各傷病名が入院契機(入院のきっかけとなった病名)と「同一」または「異なる」に分けて集計しています。
「同一」は、入院のきっかけとなった疾患と、入院中に主として治療された疾患が同一の場合が当てはまります。
「異なる」は、入院のけっかけとなった疾患と、異なる疾患を主として治療した場合が当てはまります。
  例)狭心症の手術目的で入院し、手術後、感染症を起こし、感染症の治療を主として行った。
傷病名についてはこちらをご参照ください。
(*症例数が10未満は-(ハイフン)としています。)
 
解説:
「手術・処置等の合併症」に分類された疾患は、透析シャントの閉塞・狭窄が最も多く、14件でした。
この中には、他院で透析シャントを作成された方に対する治療も含まれております。
透析シャントの閉塞・狭窄入院は、人工透析で使用するシャント(動脈と静脈を繋いだもの)の閉塞・狭窄に対し、シャントを拡張
(広げる)または再建(新たにシャントを作る)手術を行います。
次いで多い症例として、心臓ペースメーカーや透析シャントの感染が4件、他院からの依頼で行った破損した植込型カテーテルポート
(血管内に薬剤を注入するための医療機器)の除去入院が3件となっております。
更新履歴
2016.9.27
「病院情報の公表」 に関するページを公開いたしました。