心臓血管外科

心臓血管手術実績

 
理事長・院長
 
津久井 宏行

平成7年、新潟大学医学部卒業後、東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所外科に入局いたしました。聖路加国際病院、富山県立中央病院、京都第二赤十字病院にて研修後、平成15年より、アメリカ・ピッツバーグ大学に留学し、リサーチフェロー(補助人工心臓に関する研究)、クリニカルフェローとして、研鑽を積んで参りました。平成21年、東京女子医科大学心臓血管外科帰局後は、冠動脈バイパス術、弁膜症手術、補助人工心臓植込み術、心臓移植を中心に診療を行ってまいりました。これまで治療に当たってきた約1700例の手術経験を生かし、患者さんにとってベストの治療方法を提供することを心がけて参ります。

所属学会・資格
・医学博士
・日本心臓血管外科専門医
・日本外科学会専門医
・アメリカ・ペンシルバニア州医師免許
・植込型補助人工心臓実施医
・移植認定医
・日本胸部外科学会
・日本循環器学会
・日本冠動脈外科学会
・日本血管外科学会
・日本人工臓器学会
・日本移植学会
・Society of Thoracic Surgeons
・European Association for Cardiothoracic Surgery
 

 

顧問
 
大堀 克己

昭和43年、札幌医大胸部外科(現第二外科)に所属して以来、今日まで一貫して心臓血管系と呼吸器の疾患に対する外科療法に携わってきました。現在は虚血性心疾患に対する心臓リハビリテーションに取り組んでいます。

所属学会・資格
・日本胸部外科学会指導医
・日本外科学会認定医
・日本医師会認定産業医
 

 

心臓血管外科医長
岩朝 静子

平成10年、東京女子医科大学卒業、これまでの研修病院は、国立国際医療研究センター、国立長野病院、東京女子医科大学心臓血管外科、 済生会前橋病院、宮崎市郡医師会病院と、全国にわたります。平成19年より、アメリカ・マサチューセッツ州のボストン小児病院にてリサーチフェローとして、再生医療の中でも 自己骨髄細胞を用いた血管形成について研究しておりました。 東京女子医科大学では、輸血・細胞プロセシング部にも兼務し、自己血貯血の発展・応用に取り組んでおりました。 当院でも、可能な限り活用したいと思っております。 これまで身につけた技術をフル活用し、常に患者さんの視点に立った、最善の治療を提供したいと思っております。

所属学会・資格
・日本心臓血管外科学会専門医
・日本外科学会専門医
・日本循環器学会専門医
・日本外科学会
・日本胸部外科学会
・日本循環器学会
・日本移植学会
・日本血管外科学会
・日本輸血・細胞治療学会
・日本自己血輸血学会
 

医師
早川 真人
 

平成21年、琉球大学医学部卒業後、中部徳洲会病院にて初期研修を修了。その後、滋賀医科大学付属病院、近江八幡市立総合医療センターに勤務し、平成28年5月より当院へ勤務しております。患者様のニーズにあった治療を心がけるとともに、地域の医療にも貢献していけるよう努力してまいります。

所属学会・資格
・日本心臓血管外科学会専門医
・日本外科学会専門医
・胸部ステントグラフト実施医
・腹部ステントグラフト実施医・指導医
・下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医・指導医
・日本外科学会
・日本胸部外科学会
・日本血管外科学会
・日本循環器学会
・日本静脈学会
ページの先頭へ