当院の心臓手術のご紹介

                                      

主な対象疾患と担当医師

主な対象疾患

  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
  • 心臓弁膜症
  • 胸・腹部大動脈瘤 (ステントグラフト内挿術等)
  • 末梢血管障害 (閉塞性動脈硬化症等)
  • 徐脈性不整脈(ペースメーカーの埋め込み術等)
  • 下肢静脈瘤

担当医師

  • 理事長・院長 津久井 宏行
  • 医長 岩朝 静子
  • 医師 早川 真人
    GE社製の最新ハイブリッド手術装置「DiscoveryIGS730」を設置したハイブリッド手術室が稼動しました。

    最新ハイブリッド手術装置「DiscoveryIGS730」は、30cm×30cmの大型の検出器により、様々な手術にストレスなく対応が可能です。天井レールが不要の自走式であり、術式に合わせた様々なレイアウトが可能で順調な手術を支援します。
    また、冠動脈内に留置したSTENTを強調し、詳細な形態情報の取得を可能にするアプリケーション「STENT-Viz」や、事前に撮影したCT検査の画像を手術中に画面に重ねあわせて表示することで手技を支援する「3D RoadMap」等のアプリケーションを搭載しています。
    手術室と血管撮影室の機能を兼ね備えたハイブリッド手術室で、高効率で身体への負担の少ない治療を推進してまいります。

ページの先頭へ