安全で安心できる医療を提供するために

委員会活動

サービス向上委員会

 

めざせ!サービス日本一

私たちは、平成13年から、サービスの分野で日本一になるという高い目標をかかげ、訪れるすべての人々に心地よく感じていただける病院にしようと日々努力を続けています。

院長直行便

「院長直行便」は患者さんやご家族からの様々なご意見を基に病院の改善につなげようとはじめました。現在、院内の8ヶ所に投書箱が設けられていますので、気になること、改善して欲しいことは何なりとお書きください。

 
高齢者疑似体験

職員による「高齢者疑似体験」は手足の関節が曲がりにくくなる装具や目がぼやけるサングラスをつけ、病院内を歩き高齢者や障害者の方の立場を理解し院内の設備を見直しをしようとはじめました。これまでバリアフリーのトイレの設置や階段両サイドへの手すりの設置といった施設改善につながりました。

院内感染対策委員会

 

 院内感染に関する予防と対策を立て、患者さんと職員にとって安全な医療環境 の確保を目指して います。右のような院内感染対策委員会による予防対策監査も行っています。

院内感染対策規程(PDF)

医療安全対策委員会

 

医療事故の防止と患者さんの安全確保のため、リスクマネージャーと専任の医療安全管理看護師長を中心に、事故防止対策に取り組んでいます。多職種合同の医療安全研究会を行っています。

医療安全対策指針(PDF)

栄養管理委員会

管理栄養士、医師、看護師、薬剤師が集まり、患者さん個々の食事の問題を把握し、栄養状態の向上を図っています。

褥瘡管理委員会

褥瘡の予防と、適切な処置方法に関する指導と評価を行なっています。

治験審査委員会

現在、治験に関する情報はありません。

 

社会医療法人 北海道循環器病院

お問合せ:011-563-3911(代表)

ページの先頭へ